ピアノが苦手ならギターを!保育でギターを使うことがおすすめな理由

ギター

こんにちは!現役保育士のなっとです。

私はよく園でギターを弾きながら子どもたちと歌っています。

保育現場でよく使う楽器といえば、ピアノですよね。

保育士養成校で習うのもピアノ。私も学生時代ピアノが弾けないと保育士になれないと思って授業以外にも習っていました。

実際保育士になれないなんて、そんなことはありません(ピアノを利用している現場が多いと言う点で、実習や就職する園によっては弾けてることが便利なことはあります)

本当にピアノじゃないといけないのか?

理論上、一緒に歌える楽器であればなんでも良いのです。実際保育士試験ではピアノ以外にギター、アコーディオンを選択できます。

ピアノに縛られなくても大丈夫!

苦手な方こそギターがおすすめ!その理由とギターの魅力をお伝えしたいと思います!

ギターがおすすめな理由

その1 自分だけの「強み」になりやすい

保育現場でギターを弾いてる人って実際まだまだ少ないです。

だからこそ、ギターを自分の武器にすることができます。

まだ現場に出ていない学生さんにもおすすめなスキルの一つです!実習で弾いたら好印象間違いなし♫

新しいスキルを身につけたい保育士さんにも魅力的なスキルの1つになると思いま

その2 安値で手に入る

ピアノを手に入れるのって、電子ピアノであってもなかなかお値段がしますよね…

その点ギターは比較的安値で手に入る楽器の一つです。安いものだと数千円から手に入ります。

もちろん音やメーカーにこだわるのであれば高価なものもありますが、数千円で買える単品のものや1万円ちょっとで購入できる「初心者セット」でも十分な音と品質です。

私もずっと中学生時代に買った初心者セットのギターを使っています(笑)

その3 ピアノよりもハードルが低い

ピアノは1曲弾くのにかなりの時間がかかりますよね。

ギターは数ヶ月あれば弾き語りのスキルを身につけられると思います。

ギターは大まかに言ってしまえば、コードを覚えて押さえることができれば弾けます。

保育の現場で使われる歌に頻繁に出てくるコードはさほど難しいものはありません。1つの難関があるとすれば「F」です。私もギター始めたばかりの頃Fが押さえられなくて挫折しました笑

でもコツさえ掴んで、慣れてしまえばこっちのもんです。

また、ピアノを弾く上で大変なのが楽譜を読むこと。

ギターでは「TAB譜」と呼ばれるものをよく使います。

こういうやつ…

ピアノでは五線譜がよく使われ、左右もあるし読み方を覚えるのも一苦労!と言う方も多いと思いますが、

TAB譜は簡単に言ってしまえば、横線が弦になっていて赤い丸は指で抑える場所です。ちなみに上から1弦、2弦…となっています。縦線は押させる位置になっています。(フレット)

構造だけ少し覚えて後は見たまま押さえればオッケー!単純ですよね。

なんならコード自体を覚えてしまえばTAB譜がなくても弾けます。

保育でギターを使う魅力

その1 持ち運びが簡単でどこでも弾ける

保育で使うのにおすすめなアコースティックギターは軽くて持ち運びがしやすく、場所を選ばず弾くことができます。

例えば、廊下などのスペース、園庭などの青空の下で弾くのも素敵ですね。

弾きたい時に、弾きたい場所で弾けるのが魅力の1つです。

その2 動きながら弾ける!

ピアノだとなかなか弾きながら動くのは難しいですが、ギターは子どもたちと一緒に動きながら弾くことができます。

ジャンプしたり走ったり、音に合わせて一緒に動くことで子どもたちの動きも促しやすいです。

子どもたちに大人気なものの1つが「カエルのうた」

カエルの歌を弾きながら一緒にジャンプしたり、大きいカエル、小さいカエルなど音を変えたうえで一緒に動きも表現したりすることもできます。

弾いて走りながら「ストップ!」と止まるゲームも楽しいです!

一緒に動けると言う点で乳児さんクラスでの取り入れもしやすいのではないでしょうか。

その3 子どもの音域に合わせるのが簡単

ギターで便利な道具「カポタスト」と言うものがあります。

挟むだけで抑えるコードを変えなくても移調が楽々可能です。

その4 子どものリクエストに合わせて即興で弾ける!

もちろんピアノでも上級者の方は即興で弾くことはできるかもしれませんが、そのレベルに達するまでにはなかなかハードルが高いです。

しかし、ギターはコードを覚えてしまえば、即興で弾くことも難しくありません。

コードは検索すればほとんどの曲が出てくるので、私はよく子どもたちに「今日は何歌いたい?」と聞いてコードがわからない曲はスマホやiPadで表示しながら弾いています。

よく保育で歌われるものはコードが簡単なものが多いです。

子どもたちも歌いたい曲を歌うことができ、より歌を楽しむことができているように感じます。

たまにめちゃくちゃ難しいJpopをリクエストされることもありますが「練習しとくね」と言っています…笑 ごめんね子どもたち。

ギターを初めてみよう!

保育でギターを使うことでたくさんのメリットがあります。

初めて保育で取り入れようと思ったときは大丈夫かなと思いましたが、0歳から2歳の未満児クラスの子たちも毎回とても楽しんでくれています。何より自分が楽しく弾けることが子どもたちに歌の楽しさを伝えるのには1番だったのかもと思います!

ピアノで悩んでいる方や新しいスキルを身につけたい方の参考に少しでもなれば嬉しいです!

ギターの始め方や用意するもの、注意点も細かく公開していきますのでぜひご覧ください♫

コメントで質問も受け付けています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました